おたくのソーラーパネル、汚れていませんか?

今ならパネル汚れ無料点検実施中 Webフォームからのお問い合わせはこちら

1 様々な汚れの防止

ソーラーパネルのメンテナンスの必要性

太陽光発電は、諸条件によりその発電量が15年で15%以上減少、1年で1~数%減少するといわれています。

その原因の一つには、ソーラーパネル面の汚れの付着(鳥の糞、黄砂、炭素などの車の排気ガス、沿岸地域の塩害、降雪や火山灰など) があります。

太陽光パネルの汚れの写真

太陽光パネル面には、鳥の糞などの汚れや、黄砂や車の排気ガスなどの炭素などの汚れが付着し、何もしなければ堆積していきます。 一部の汚れは、パネルの傾斜と降雨などによって洗い流されますが、年々汚れは蓄積されます。特に有機の汚れは、屋根の上という 過酷な環境下では少量でも残れば、それが新たな有機の汚れを抱き込み、どんどん汚れが堆積していきます。

ホットスポット化によるパネル破損の危険性

ホットスポットとは?

太陽光パネル内に大きな抵抗がかかり、その部分が熱を持つ現象のこと。短時間の発熱であれば大きな問題とはならないものの、長時間ホットスポットのある状態が続くとセルの破損や発火といったことなどが起こる恐れがあります。 ホットスポットの主な原因とされているものには、ハンダ不良などによるセルの破損、鳥のフン、落ち葉やその他こびりついた汚れなどがあります。

 

ホットスポット現象により破損した太陽光パネル

清掃の手間・コストの削減

定期洗浄よりコーティングをお勧めする理由

パネル汚れでロスする分の金額と洗浄の金額が同じ、だと洗浄の意味がありません。コーティングは施工時の金額は洗浄より高いですが、 以後は洗浄の必要がないため、結果、定期洗浄よりはるかに安価です。 また安易なパネル洗浄では汚れをパネル面にこすり付ける事による「2次的に傷つける問題」や、立地条件によっては「その時は洗浄でき ても、すぐに汚れが堆積する。繰り返しのメンテ費用が膨らむ」などの問題も予想されます。 また、洗浄回数が増えるという事は「事故でパネル面が破損する確率が高くなる」ことも考えられます。

水道水を使った洗浄・高圧洗浄はソーラーパネルに悪い

なぜ水道水はダメなのか?

水道水で洗浄するには洗った後、すぐに拭き取る等の措置が必要になり、非常に手間が掛かります。

水道水のようにカルキなどを多く含む水分の蒸散が繰り返されると、シリカスケールと呼ばれる汚れが蓄積されていきます(右図)。
これらは除去が非常に困難であり、発電に大きな悪影響を及ぼします。コーティングは、 そのような取り返しの付かない損失を出しません。

発電効率低下の抑止

発電効率低下抑止の秘密

コーティングによる防汚のしくみ

まずはパネルドクター119までお気軽に webフォームからのお問い合わせはこちら

汚れの確認・洗浄

目視で太陽光パネルの汚れを確認後、洗浄します。

太陽光パネル洗浄写真

太陽光パネル洗浄写真

太陽光パネル洗浄写真

パネル1枚1枚に、丁寧にコーティング加工を施していきます。

太陽光パネルコーティング写真

太陽光パネルコーティング写真

太陽光パネルコーティング写真

仕上げ

余分なコーティング剤を洗い流し、パネル表面の水分を拭き上げます。

太陽光パネルコーティング仕上げ

太陽光パネルコーティング仕上げ

太陽光パネルコーティング仕上げ

施工完了

太陽光パネルコーティング施工完了

太陽光パネルコーティング施工完了

太陽光パネルコーティング施工完了

まずはパネルドクター119までお気軽に webフォームからのお問い合わせはこちら

施工価格

設置場所、広さ、パネルの種類、状態などにより大きく変動しますのでお問い合わせください。

お見積りやご相談も無料で承っております。

webフォームからのお問い合わせはこちら

PAGE TOP